FC2ブログ

歌のガーデン Kazuko

すぎたかず子のミュージックムーヴメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

宇多田ヒカル2

宇多田ヒカルのことで一番最初に思い出したのが、

「母という病」の本

その中で

天才と呼ばれるアーティスト達の母親は驚くような毒親が多いことを知る

その苦悩の泥沼の中で天才たちは才能を放っていく

愛にあふれた家庭ではなく、そんな苦悩の環境だからこそ放たれていくものがある

皮肉だけど・・・

苦悩の中で才能が研ぎ澄まされるのか・・・

宇多田ヒカル

彼女も放って欲しい

彼女の思いとは裏腹に大きな力が働いていくような気がする

藤圭子の死

マイナスのように見えて、実は大きな後押しになるのかもしれない

本当の意味はまだ目には見えない、とても深い





スポンサーサイト

 想うこと

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。