FC2ブログ

歌のガーデン Kazuko

すぎたかず子のミュージックムーヴメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

解離    そうだったんだ! 






日曜日にマインドフルブレインの打ち上げ会があった



2か月ほど前にマインドフルブレインの発表会で、

わたしも、話をして、自分に出ていた症状をお話した



病気になったり、身体に出てきてしまう



次々とあふれるように言葉が出てきてしまった



その時参加されていた臨床心理士さんから



「解離していたんですね」



と、一言





その「解離」という言葉を聞いて



「あ~~~~~~~~~、そうだ、これが解離だったんだ、自分の経験してきたことは

解離だったんだ」と



なにか、とびらが開くように納得した



自分を感じることができない



だから、身体症状に出てきてしまう





今日、解離を調べてみたら、様々な症状が、

子どものころから経験してきたことと、すべて当てはまるのに

さらに驚いた



今の私のように、声が出ないのも、解離の一つの症状なのだそうだ



〇身体症状



感覚や運動機能の麻痺、けいれん、失声、呼吸困難、飲み込むことの困難、

嘔吐、消化器症状、混迷したような症状、身体の病気ではないのに、そのような症状が出る・・・



呼吸困難、飲み込むことの困難、嘔吐などなど、子どものころから、わたしに出ていた症状とぴったり



今もある部分、声を失っている



解離の症状だ





〇情動、衝動の制御がうまくできない



怒りの調節がうまくできない、感情麻痺、抑うつ、気分変動、不安、恐怖など



衝動の制御がうまくできない



依存症



〇自己評価、人間関係の構築がうまくできない



自己評価に関して、基底欠損を認める、自己評価が低い



人間関係に関して、緊張しやすい、見おぼえないことで責められやすいと感じる

控えめになって孤立したり、やりすぎなくらい依存する、見捨てられる不安を持つ



基底欠損とは

基本的信頼感の欠如

基本的信頼感とは人間の根源的な信頼関係であり、お母さんと赤ちゃんのような、何物にも代えがたい関係を言います。この基本的信頼感がしっかり形成されていますと、精神的にも情緒も安定した状態でいられます。

基底欠損はこの基本的信頼感がうまく形成されていない状態であり、そのせいで世の中や他人に対して信頼を置くことが難しい状態です。言い換えれば、世の中や他者に対して自分の身を預けて安心することがなかなかできません。





など、今までの自分に当てはまることばかりで、驚きだ



今まで、どうしてこれに気づかなかったのだろう



こんなに心理を学んできたのに





でも、心理療法士さん曰く



真っ最中の時には、自分が解離しているなんて認識できないと・・・・





今振り返ってわかることだ



でも、わかってよかった





あたかもイエス・キリストがかたわらにいるかのように生きる



最近いつも、自分の右側に誰かがいるような気がしている





詩編の中にこういうことが書かれているのを見つけた



「主がわたしの右にいますゆえ、わたしは動かされることはない・・」







まさに





それが、わたしにはこれから必要なのだ












スポンサーサイト

 未分類

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。