FC2ブログ

歌のガーデン Kazuko

すぎたかず子のミュージックムーヴメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

嬉しいタイミングで繋がっている 

IMG_2995.jpg


昨日は基督者のためのマインドフルネスをZOOM(オンラインミーティング)で
おこなった

マインドフルブレインの大賀さんもクリスチャンで、マインドフルネスというと仏教のイメージが強いので
ぜひクリスチャンのマインドフルネスのミーティングをしたいとかねてよりおっしゃっていて、
共に祈り、やっと実行

今、マインドフルネスというと、ティク・ナット・ハンの翻訳者、島田啓介さんが有名で、
様々なところで講座を開き、ご自分の家も「ゆとり屋」と名づけ、自給自足、そして
多くの方々が瞑想会に参加している

島田啓介さんのブログはとてもおもしろく、
右下にリンク先があるので見てみてください

島田啓介のVoice in voice


実はその島田さんもクリスチャンで、今回はこのミーティングに参加してくださった
全員で10名ほど、とてもくつろいだ学びのある時間だった

カトリック、聖公会、プロテスタント、無教会派、そして、わたしモルモン

心の傷を乗り越え、本来の自分にどうたどり着くか・・・
島田さんも、双極性障害という治らない病気で、若いころは精神科にずっと入院し、
インドや世界を放浪し、苦しみゆえに職に就くことができない

しかし、今になって、彼がやってきたことが、講座となり仕事となっている
彼のところに多くの人が集まっている

彼は常に自分が神様に使われるようにと願っている
どん底を経験した人間の言葉
自分が何かをしようとはしていないのだ

島田さんの講座は何度か行ったけれど、こうやって繋がってよかった

それぞれの教会での思いも語り合う
人の集まるコミュニティは似たようなことがありがちですね

このミーティングを企画した大賀さん

医学博士でマインドフルネスをいち早く日本に持ち込み
フランスのプラムヴィレッジにも参加され、
ティク・ナット・ハンの本も翻訳されている

昨年、マインドフルブレインという大賀さんの講座に参加したら、
大賀さんのお姉さまが声楽家とのことで、
日本の音楽教育のことなどで話が盛り上がり、そのままマインドフルブレインの講座を続け、
そこで多くの気づきを与えられました


その大賀さんと今週音楽の話になった

「杉田さんの音楽、歌はきっと万民、多くの方々になにか慰めを与えるようになるのではないのかな」と

わたしは、ひょえ~って聞いていたのですが

ピアノの西村聖子さんの話と、そのお兄さんであるEddy山本の話をしたら、
大賀さん
Eddy山本の歌「愛を心に」が大大大大好きで、大きな声で口ずさんでいたとか・・・

翌日、しばらくぶりにその聖子さんからLINE

いろいろなことが、嬉しいタイミングでつながっているのですね






スポンサーサイト

 未分類

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。